経歴:
東京生まれ、東京育ち。
カメラを手にしたのは物心がつかない頃からだ。
木材学者の祖父 東一の部屋にあった部屋にこっそり忍び込んでは、
ジャバラのついたカメラをとにかく触りまくっていた。
不思議な構造、シャッター音、セルフタイマーの音。
カメラの不思議に魅了された。
小学低学年時、オリンパスEE2を手にした。
これは時代を風靡したハーフサイズカメラであり、
なんといっても、フィルム数の倍撮影できるのが魅力であった。
ただ、後、35mmを半分に使っているだけであった。
ばかちょんカメラでありながら、絞りを変えたり、遊んでいた。
近くを走る都電をいろいろな角度で撮影をした。
2学年上の兄晴夫は一眼レフカメラにてSLを撮り続け、そして、暗室で写真現像をしていた。
赤い光に揺れる白い紙。酢酸の香りを嗅ぎがなにかを魅了した。少しずつ映像が紙に現れる。
その不思議な光景がふたたび魅力となった。
兄は偉大な写真教師である。
中学時代、一眼レフSRT-101を手にしてモノクロ写真を撮り続けた。
SL好きになり、東京から鹿児島まで一人旅をする。
家出少年と間違えられて、通報されそうになる。
そして、写真を撮ることも忘れ、時は加速変化した。
ある日、潮騒が聞こえる街に住んでいた。
すばらしき海、波に再感動をして、ふたたび写真撮影をはじめていた。
写真は個性である。だから、コンテストは好きになれない。
海、波、波乗り、とくに笑顔を撮るのが好きである。
なお、この頃は'ふつう'の写真に飽き、
写真のアート化を密かに追求している。
趣味は波乗り。




Private exhibition History



Top




東一のバッグの中からでてきたやんちゃ時代の写真

 
Ofiice
Isumi city @Chiba


copyright(c) NAMIKICHI all rights reserved.